美容維持するなら髪のことにもこだわってみよう

夏バテを癒すのに最適なのが温泉です。暑い夏もゆっくりとお湯につかることで、日々の疲れを癒すことができます。また、夏が終われば紅葉が美しい秋がやってくるので、秋に備えて今から温泉プランを探していくのもいいでしょう。温泉宿では、期間限定でのお得なサービスも実施しているので、いろいろ探してみるといいのではないでしょうか。温泉にいくことは肩こり解消、美肌効果を得ることができるほか、精神的な癒しも感じることができるものです。自宅のお風呂で気軽に楽しめる入浴剤で美肌維持や疲労回復を行ってみても良いですが、たまには源泉につかって本当に肌に良い成分で肌を癒しましょう。また、夏であれば家族でプールに行って日焼けに悩むような人も多いですが、そのほかに水遊びによる疲労などもあるものです。プールなどは体も疲れる他、プールに含まれている塩素によって髪が赤く傷んでしまうようなこともあるものです。ですから髪のケアもしっかり行っておくことが大事です。いくら若くても髪が傷んできしんでいたりすれば老いた印象にもなってしまいますし、見た目年齢にも影響するでしょう。ミュゼ ひげ

美容維持するなら髪のことにもこだわってみよう

恋愛ってはかないものだなと、ふと思いました

桜の花ははかないものだなと毎年感じます。一瞬咲いて消えていってしまう。恋愛も似ている気がします。学校で人気がある人と付き合っているなんていいな、なんて学生の頃には思っていたけど、ほとんどは別れて終わってしまうんですよね。人生の中では、ホントに短い間しか一緒になんていない。一瞬咲いて終わりです。一緒にいたいだなんて願っても、相手のことが嫌いになったり自分が他の人のことを好きになってしまったり。桜と違って、まあ自分勝手な花ですね。それでも時々独身の自分としてはどこかにいい相手がいればいいのにな、と思います。一人は寂しいですからね。そんな私は4月から職場を異動して新しいところで働き始めます。新しい職場で誰かいい人がいればいいなぁなんて思ったりします。でも、職場恋愛はうまくいかなかった時に気まずくなるから、しない方がいいのかもしれませんね。昔不倫していた友達は破局した後に毎日相手の顔を職場で見ることが辛くて、やめてしまいましたし。のんびり過ごすのが一番かな。http://www.poieodesign.co/

恋愛ってはかないものだなと、ふと思いました

どうせ暇なら、しっかり動いて、しっかり収入を得ようと思います。

最近の私は、忙しいときと時間が余っているとき(暇とは言わないでください…)の差が激しいです。
今はだんだんと忙しくなってきているので良いのですが、つい最近まで時間があり余っていました。
そこで、空き時間を狙って、クラウドソーシングを利用して働いていました。
平たく言えば、暇になっている空き時間をお金に換えたのです。
まだまだ得られるお金は少ないですが、それでも何かできることが私にあると思うと、馬力が出そうです。
個人的には、暇でぼんやりしているよりは、動いたほうがいい、と思っていますし、合法的に収入を得るのなら、それで良いと思っています。
いつ素敵にリフォームするか、わかりませんし、いつ個人的におめでたいことが(友人や身内の結婚など)あるかもしれません。
起こっていない、よろしくないことを勝手に想像するのは身体やこころに良くなさそうなので、起こりうる良いことを想像し、さらに頑張って働こうと思います。
それに、プラスになることや良いことを想像していると、元気も出てきます。勢いも出てきます。
近い将来起こるかもしれない良いことを、想像してはひと稼ぎしようと思う私でした。

どうせ暇なら、しっかり動いて、しっかり収入を得ようと思います。

2018年サッカーワールドカップの事について(その3)

2018年サッカーワールドカップの事について書きたい思います。日本の初戦はコロンビア戦ですが、私は「感動」がどこにあるのかを検索したいですね。南米やヨーロッパが強いという情報はよく目にしますが、彼らを相手にしたら絶対に負けるしかないという発想は面白くありません。できればコロンビアが南米であるという固定観念を切り捨てて、互角のゲームを見たいところです。日本が「ワールドカップに出場するにふさわしいチームであった」と言われるようになりたいですね。そうでなければ、ワールドカップは面白くありません。できればコロンビアとシーソーゲームで3-3の試合を見たいです。0-0の展開よりかは、そちらの方が面白いです。本田圭佑選手や長友選手、岡崎選手からしたら2018年が「終着駅」の大会なのです。それ以上、「上」はありません。だからこそ、最高の舞台で最高のパフォーマンスを発揮してほしいですね。せっかくワールドカップが開かれるわけですから、感動を味わいたいですね。

2018年サッカーワールドカップの事について(その3)