私たちの食を支えている農家さんの苦労について

以前は深く考えた事が無かったのですが、農家さんの大変さについて考えるようになりました。そのように考えるきっかけになったのは、とある農家さんと知り合った事からです。その方は米と巨峰を作られているのですが、米は作っても赤字、巨峰は多少利益は出ているようです。農業に関して素人の私がどの位利益が出ているのか等と聞くことは失礼なので深く聞くことはしませんが、大した儲けは無いように思います。その根拠の一つとして挙げられるのは後継ぎがいないという事。勿論ご子息はいらっしゃるのですが一般の企業に勤められていて後を継ぐ気はないそうです。また農家さんも継がせたくないそうです。結局苦労の割には成果が得られないという事でしょう。恐らくこの農家さんに限らずこういった状況は日本の各地で起きている現象と思います。衣食住という言葉があります。農家さんは我々日本人の食という大事なものを支えてくれている尊敬に値する方々です。その方々が苦労の割に報われない。この事にとても違和感を覚えるのです。国をあげて農家さんの待遇を良くする対策を考える必要があるのではないでしょうか。ミュゼ 足

私たちの食を支えている農家さんの苦労について